ITパスポートの試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)をする際、独学(通信教育や家庭教師、短期講習などを上手に利用した方が効率が良くなる場合もあります)と専門学校のどちらがいいかはその人によります。 過去問題が出ないITパスポートは、主にテキストでの勉強といわれているのです。 独学(資格試験や大学受験などの場合には、予算の許す範囲で通信講座などを利用するのも効率的な勉強や情報収集のためにはいいでしょう)と専門学校はどちらともメリットデメリットがあるのです。 まず、独学(通信教育や家庭教師、短期講習などを上手に利用した方が効率が良くなる場合もあります)ですが、好きな時間に好きなだけ勉強できる為、仕事で忙しい方や時間に追われている方にオススメです。 しかし、独学ですと過去問題があまり手に入らなかったり、目に見えるライバルがいないため、モチベーションを保つのが難しいでしょう。 更に、分からない問題を直接教えてくれる人もいませんし、効率がいい勉強法を学ぶことができません。 専門学校(職業、または、生活に必要な能力の育成や教養の向上を図ることを目的しています。一年以上の修業期間があり、800時間以上の年間授業時?で、生徒?が常時40人以上いることという規定があります)は反対に、情報の収集や勉強法を手に入れることができます。 それに、周りに同じ目標を持つ方がたくさんいるため、やる気が出ます。 ですが、学校の時間は決まっているので、社会人には難しく、高校生や大学生で取得したい人では通うことができません。 いい点、悪い点を見て、どちらが自分に合っているのか考えて選ぶのがいいでしょうー